姑の影響で妊娠がなかなか

EA031_L

世のなかには、実に理想的な姑も珍しくない。だが、私のクリニックを訪れる女性の義母というのは、どうかと思われるようなお人柄が少なくないように思えてならない。
A子さんの義母の場合を紹介してみよう。もちろん、正真正銘の実話である。
夫婦の寝室に、立派だが古風な鏡台がある。毎朝六時半になると義母がやってきて、おかまいなしに化粧をはじめる、これじゃ若夫婦もおちおち寝てられない。
前夜どんなに遅くても、A子さんは六時には起きざるを得なかった。
結婚して三カ月目、たまりかねて義母に言った。
「鏡台、おかあさんの部屋へお運びしますわ」
「いえ。ここでいいんだよ。私の鏡台は昔からここなんだから・・・」
ピシャリと断ったまま、いっさい移動に応じる気配をみせようとしない。夫にも申し入れたけれど、「しょうがないがナ。我慢しいや」と言うだけである。
それだけではない。この姑さん、家じゅうのふすまを夜も開けっ放しにさせるのだ。「家のなかで、隠しごとはいかんからね」と、いっさい閉めさせない。
そのくせ、A子さんはしばしば責められた。「お前さん、まだ子どもできんのかねえ。どこか悪いとこ、あるんじゃないの?」。
夫婦はたまりかねて週一回、しめし合わせてホテルへ行くことにした。そこでようやく水入らずのセックスに打ちこめた。
A子さんが私のとこへ相談にきたのは、結婚して満五年たったころだった。診察、検査してみると、排卵がひどく不順である。精神的に相当まいっていたから当然のことだろう。
これでは正常な妊娠などできるわけがない。
「なんとか先生の口から、お姑さんを説得してもらえませんか」
A子さんは思いつめた口調になった。
結婚相手がなかなか見つからないあなたに朗報です。見つかるかもしれません。
別にたのまれなくても、それはこちらの”仕事”である。ある日、お姑さんにおいでを願った。
「おかあさん、孫ができるのを本当に待っておられるのなら、夫婦から離れたらいかがですか」
はじめに強い申し入れをして、じっくりと実情を聞いてみた。「ひとり息子を嫁に取られてしまう」、そんな気がして、なにかと言えば夫婦の間に割りこんでいたのだという。
母ひとり息子ひとりで育ってきた家庭に最近よくみられるケースである。
「お母さんのためにも早く孫を産もうと若い二人は一生懸命なんですよ。ほんとに幸せな家庭にしたいのなら、お姑さんのほうもお孫さんができるような雰囲気にしてあげなきゃ・・・」
そういうと、姑はポロッと涙を落とした。帰ってゆく後ろ姿が、ひどく寂しそうだった。

出典元:出会い アプリ


まわりみち診察

EA032_L

私のクリニックでは、大きく分けて不妊症と更年期障害、この二つの患者の治療に当たっている。
一日も早く子どもが欲しい女性と、更年期特有の生理不順などを訴えてくる女性と、内容は全く相異なるようにみえるけれど、これがときおり交差し、混線するから、ややこしい。
Q夫人。三十九歳。「更年期障害だから」と、受付へ訪ねてきたのが半年前。その後も比較的熱心に通院してくる。
”ホルモン不足”ということで、担当医がその方面の治療に集中していた患者だった。
ところが先月、Q夫人は突然、不妊症の診察室へ回されてきた。
「はじめ生理がなくなったということだったんですがねえ。よく調べてみると、排卵がず-つとなかったんです。当然、妊娠もしたことがない。
くわしく聞いたら、結局は”赤ちゃんが欲しい”ということなんです」
担当医の説明で、事情がのみこめた。Q夫人を呼ぶと、なんともきまり悪そうな表情で、小さくなっている・・・。
「あなたねえ、いったい何をしてるんですか」私は苦笑をかみ殺して言った。
「いままで半年間も貴重な時間をムダ遣いして、おまけにカネも余分に払ったし、ほんとにもったいないですなあ」
人それぞれの結婚があります。あなたに合った結婚、結婚相手は探し始めましょう。
Q夫人はモジモジとうつむき、上目づかいに私を見上げた。
「だって先生、私、もう三十九でしよ。このトシで子どもが欲しいなんて、どうしても恥ずかしくて、直接こちらの窓口へ来れなかったんですもの」
女性の心理は、まさに複雑そのものである。Q夫人だけではない。内心は子どもが欲しいのに、平気で”そんなもん、いりません”と胸を張って言うご婦人も決して珍しくない。
ストレートに本心を打ち明けていただくことは、むしろ少ないような気がするくらいだ。
「欲しいものを欲しいというのは当然のことでしよ。これからは遠慮せずに言っていただかなくちゃ・・・ネ」
「はあ、でも、子どものことは半分あきらめていましたし、余計に言いづらくて・・・」
とはいうものの、話がここまで来てしまえば、妙な意地をはる必要もないだろう。
要するに、まず更年期障害の診察を受け、そこで自分の意志とは関係なく、病院側の判断で、不妊症のほうへ回された、という手続きが達成されたのだから・・・。
「でも、このトシで、まだ子どもができるでしょうか」
「三十代なら、大丈夫ですよ」。そういうと、Q夫人は顔じゅうで笑った。

出典元:


検査はしないといけません。

EA033_L

「検査は絶対に困るんです。注射もイヤ。薬も飲みたくないんです」
P子さんは、最初から頭ごなしに拒否してきた。
「じゃ、どうしろと言うんです?赤ちゃんが欲しいなら、できない原因を調べないと、手の打ちようがないですよ」
「先生は不妊症の専門家でしょう。どういう方法でするか、それは先生のほうで考えてくださらなきゃ・・・」
冗談じゃない。原因がわからなきゃ治療のしょうがないではないか。
なだめ、すかし、じっくり理由を聞いたら、なんのことはない、事前に実家へ相談に行ったとき母親に固く言い渡されていたのだ。
「検査なんて恐ろしい。レントゲンを撮ったら、放射能が当たって奇形児ができるし、薬を飲んでもヘンな子が生まれるからネ。
無理しないで、自然に産めるようにしてもらうんだよ。専門家の先生なら、きっとなんとか考えてくれるはずやから・・・」
こういう母親は、概して一人息子、一人娘の親に多い。”早く産め、産め”とヤイヤイせきたてるくせに、肝心のところで干渉してくるのである。
当の夫婦自体も、どちらかというと神経質で、過保護タイプ、他人の言葉に左右されやすい。
P子さんも、私のところへ来診するまでに、市民病院などにも顔を出しているが、どこでもレントゲンの段階で逃げ出してきたという。
不妊症で一番厄介なのは、他の病気と違って「自覚症状がない」ということだろう。
胃炎なら、まず痛みが出る。肺炎なら熱が出る。その点、不妊症は”長年子どもができない”という現象があるだけで、痛くもかゆくもない。
だから、患者にわがままが出る。
結婚相手を探し始めようとしているなら、幸せへの近道です。
「しかしですよ、あなたには子どもができないという心の痛みがあるでしよ。その痛みをなくすためには、検査の我慢ぐらいしてもらわなくちゃ・・・」
「それじゃ、もう一度、母親に相談しまして・・・」
腰を浮かしかけて、P子さんは再び自信なさそうに考えこんだ。よほど繰り返し”検査恐怖症”をふきこまれてきたらしい。
「あなた、親のために産むんですか。自分のためでしょう」
私がとどめを刺すように言うと、ようやく微笑が浮かんだ。

参考:


染色体異常の例

EA034_L

「先生、実は先月に三度目の流産をしまして、……私、どうしても子どもが欲しいもんですから、この際、徹底的に原因を調べていただきたいと思って、やってきました」
C代さんが、こういって来診したのは、夏の終わりごろだった。ご主人も同行しての、家族ぐるみの診察、検査・・・。
そして、二カ月がかりのすえ、夫妻ともに染色体異常があり、それが原因で流産した確率が高いとわかった。
流産には、実に数多くの理由がある。生まれつきホルモンの分泌がわるい場合とか、妊娠中に過激な労働やスポーツをした場合は一般によく知られている。
最初に流産や中絶をしたとき、つぎの流産の原因をbくってしまうことも珍しくない。
このほか、近年、染色体検査をするようになってからは、C代さんのような染色体異常によるものが発見されるようになった。
そして、残念ながら、染色体異常は現代の医学では防ぎようがないのである。
「やっぱり、そうですか」と消え入りそうな声で言うと、C代さんは深くうなだれた。肩が小刻みに泣いていた。
染色体異常でさえなければ、原因を究明することで多くの流産は防げる。だから医者は「つぎは大丈夫でしょう。またがんばりなさいよ」と、やさしい言葉のひとつもかけるのが普通だ。
だが、C代さんのようなケースは医者として対応のしょうがない。遺伝関係の学者の発表では、流産児の四○%に染色体の異常を発見するとの報告もあるくらいだ。
ただ、誤解のないように付け加えると、流産した夫婦の大多数が正常であり、医学的に治療できる余地は十分あるのだけれど・・・。
素敵なパートナーに、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
「あの―、私はほんとうに、どうしてもダメでしょうか」
C代さんは、あきらめかねた表情で聞いてきた。それは当然のことだろう。私はつとめて平静に宣告をつづけた。
「もちろん、正常な妊娠経過をとることがあるかもしれませんが、流産の確率は高いのです。そのうち、あなたの体も損なわれかねませんしね。そこのところを、よく考えてください」
染色体異常に気づかず、いつかは子宝に恵まれるだろうと夢を抱いて明け募れを過ごすほうが幸福なのかもしれない。
だが、現代の医学で徹底的に究明されたあと、納得のうえで趣味や事業に新しい生甲斐を求めるのも、今日的な人生ではないだろうか。

参考:


出産のかげに

EA035_L

むかし、「嫁して三年、子なきは去る」という言葉があった。つまり、結婚して三年にもなるのに子どもができないようなら、離婚されても仕方ないぞ、ということである。
そして、この男女同権、いや女性上位とさえいわれる現代でも、似たような”実話”が生きている、といったら信じてもらえるだろうか。
F子さんは真剣そのものだった。せっぱつまった様子が、青白い表情からもうかがえた。
「私、あと半年以内に妊娠しなかったら、主人に離婚されてしまうんです。どうか、助けると思って、一日も早く赤ちゃんができるようにしてください」
会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。
結婚して三年半、どうしても子宝に恵まれない。夫や姑は、シピレを切らせたように、最近こういって責めたてるのだという。
京阪間の旧家で、何としても跡取りがほしいから、ということらしい。ご主人を招いてそっと聞いてみると、
「欠陥があるのは女房や。おれは以前、愛人を妊娠させたことがあるからな」と、妙な自慢をしてみせる。
典型的な亭主関白。いまもまた別に新しい愛人がいて、その女性を家へ引き入れようとしているらしいことが少しずつわかってきた。
その後、夫婦間の話し合いで「半年以内」という期限は取り消し。しかし、F子さんか愛人か、どちらかが妊娠したら、あとの一人は納得して別れる、という話がまとまったという。
これでは女性は”子どもをつくる道具”ではないか。私は、暗然となった。
私は家庭裁判所の判事ではない。とにかく、医師としての義務を果たさねばならない。診察、検査の結果、F子さんの卵管に問題があることをつきとめた。治療(手術)→妊娠→分娩。
なにも知らぬ赤ちゃんの産声を耳にして、F子さんは泣いた。
「先生、おかげさまで、私は離婚されずにすみました。一生、恩にきます」たしかに私は、医師として成功した。妻の座も守られた。だけど、手放しで喜んでいいのだろうか。
少なくとも、出産という一つのめでたい話のかげで、夫の愛人はすべてを失って涙にくれているだろう。いわば、ここに新しく不幸な女が誕生したことになる。
そして、勝利者であるはずの妻も、こういう家庭にいる限り、今後も”子どもをつくり、育てる道具”としてしか認められないような気がする。
人生の一断面をみせつけられて、ふと医師らしからぬ感傷に襲われたひとときだった。

参考:


サイト集 グループ 1

サイト集 グループ 1

サ イ ト 名P Rリンク
1立川OL委員会 サイト集 30
2MT4 スキャルピング 50
3相互リンク集 80

以上、登録サイト総数は 4 件です。


サイト集 グループ 2

サイト集 グループ 2

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 3

サイト集 グループ 3

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 4

サイト集 グループ 4

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集 グループ 5

サイト集 グループ 5

サ イ ト 名P Rリンク